エンパス 人の気持ちを吸い込んでしんどくなるのをやめるには?

 

こんにちは、岡田奈美子です。

ラベンダーの季節ですね。

私のいる関西では、ラベンダー畑というものをみたことがないので、もっぱらラベンダーエッセンスで楽しんでいます。

今日のテーマは、「人の気持ちを吸い込んでしんどくなるのをやめるには?」です。

ラベンダー2

HSP・HSCやエンパスなどと呼ばれていますが

人の気持ちを吸い込んみ、しんどくなってしまう性格の方はかなりいます。

最近、子どもに増えてきました。

とても優しくて、人への愛情がいっぱいある子ども達なのです。

 

子どもの場合、特にいじめがあるわけでもないし、学校に来たら楽しそうにしているように見えるけれど

本人自身は、人のなかにいると、どんどんしんどくなる場合があります。

それで、不登校になっている子どもたちは多いのです。

家では、元気に過ごしているので、周りから「仮病?」と思われたりもします。

 

「人の気持ちを吸い込む、または背負い込んで、しんどくなる」

じゃあ、気にしないようにしたら?とか、

もっと鈍感にならないとね、と言われても、なかなかそうはできません。

意識でそうやろうと思って、しているわけではないので。

 

そんな場合は、気持ちの「潜在意識(無意識)」の部分を修正する必要があります。

無意識とは

「無意識にしてしまった」等と使われているように、「変えられない」という印象がありますが、

無意識は、私たちの脳の中で、意識とちゃんとつながっているので、変えられるのです。

もし、今しんどい状態を引き起こしている無意識があるなら

少しずつ修正して、変えていきましょう。

 

優しいエネルギーを、自分以外の人たちに向けている状態なので

この優しいエネルギーを

まず自分という人に向けること、それを学ぶことが大事です。

すると、人と自分との優しい境界線が次第にできてきて

人の気持ちを吸い込みすぎて、しんどくなることが減っていきますよ。

本来、あなたやあなたのお子さんの敏感さは

あなた達がしあわせになるためにいるのですから。

セラピーのスケジュールはこちらから。

ブログにて、毎週火曜に「敏感な個性」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP