「敏感な個性」はキラッと光る大きな個性?!(HSP・HSC・エンパス・クリスタルチルドレン)

こんにちは、岡田奈美子です。(このHPは、毎月 第1金曜 20時に配信です)

学校のスクールカウンセリングをしていて、多くの敏感な個性の子どもたちに会うなか、

大事なことをお伝えしたい!と思うことがありました。

(それが言いたいから、こういう場を作ったくらいです。

それは、敏感な子って、“キラっと光る大きな個性をもっている子”が多いということ。


よく言われるのが「カウンセリングに来る子って、問題が多い子なんでしょ?」

「家庭に問題があるから、子どもがしんどくなるんでしょう?」

でも多くの敏感な個性の子どもたちに出会い、

本来の敏感のよさを「トレジャーハンティング」のように探し当ててきて、

それが全く当てはまらないことが多いな~と私はしみじみ思います。

「じゃあ、どうしてしんどくなってカウンセリングに来るんだよ?やっぱり問題があるからだろう?」と言われたことがありますが(笑)、

問題があるから来るのではなくて

「平均的な個性」ではないから、自分で無意識に「ありのままでいてはいけないのかも?」と抑えたり、誰にも見つけられずに眠ったままで

長い間ずっと気づかれなかった「ステキな敏感な個性」が

「問題」を起こして

〝ここにいるんだよ~♪”と教えてくれているのですね。

(問題が起きると、本人や周りがビックリして気づきますから)

「敏感」という奥深い個性をもっていると

ちょっと転んだだけで(人間として生きていると誰でも転びます^^)

ハデに転んでしまったり、転んだら、(個性が奥深いから)重くってなかなか起き上がられなかったりすることがあります。

それが「学校へ行かない」や「深く傷つく」という形になることがあるのです。

個性の深さ・大きさを「水」に例えてみます。

カバンに5cc(小さじ1)の水の入った水筒が入っているとして。

それがもれても、たいした害にはならないですよね。

「あれ、ちょっとだけカバンが濡れちゃった。でもまぁこのくらいいいか。すぐ乾くし」って。

でも1Lの水筒が何本も水いっぱいだったとしたら・・・?

それが全部こぼれてしまったら・・・?

びちゃびちゃになって「きゃー!大変!水なんてもっていなければよかった・・・」となりますよね。

(不登校になって、「この子(or自分)が弱すぎるの?」と悩むところがこの部分です。)

でも「水(個性)」をもっていること自体がよくないのではないですよね。

その何Lもの水をもっていることで

もしのどが渇いた人たちに出会ったら、ものすごく役に立つでしょう。

自分だってとても助かりますし、

いっぱいあるんだから、みんなと一緒にプールを作って泳いだりして、すっごく楽しいかも♪

ほらね、こんな風に使いようによっては、とても「いいこと」に変わるのです。

こぼれてしまった時は「大変だー!」となりますが、その出来事は、不幸なことばかりではありません。

こぼれて「きゃー!大変!」となるのは

「本当はあなたにはこんなにいっぱいいいものがあるんだよ。そのことに気づいてね」という

魂からのメッセージなんです。

こぼれなければ、こんなにあったことすら気づけないので。

又こぼれて、みんなで拭いたり、キレイにしたりするプロセスのなかで

みんながそれぞれ「父親」として、「母親」として、「教師」として等、人として成長できるのです。

敏感な子の為に、先生が特別扱いをしなくちゃいけないということではありません。

「特別扱いをしなくちゃいけない!手間のかかる子だ」と思うとしたら

今までが、ちょっと古いやり方・体制で、それに気付けたということ。

また敏感な個性の子(大人も)が、

「今の学校」や「今、自分の周りにいる人たち」と合わない、「ここでは居心地がよくないなぁ」と感じているかもしれません。

孤独感を抱きがちなのは、ざっくり浅い個性が多い中、わかり合える仲間が見つかりにくい、「私たちって一緒だね」という共有感をもつ機会が少ないから。

敏感な個性で、

先生や周りの友人に違和感・憤りを抱くのなら

あなたがそう感じること、当たってることが多いです。

(私は「その子、すっごく鋭いですよね。よく見ています。それ自体は問題じゃないですよね?」と、わかる人には伝えています^^。)

でもその場・そこにいる人たちが悪い!という意味ではなく

ただ「あなたには、もっと他の場所が必ずある」というだけ。

そしてその日はいつか必ず来ます。


「しんどくなる」のは

大きくて深い繊細さがあるからこそ、なのです。

もし「問題だ~!」となっているのなら

ムリのないペースで、傷ついたこころを癒やして、

「あっ、もしかしてキラッと大きく光る個性なのかも・・・?」と少しずつ気づいていきましょう。

大切な個性、さらっと、じわっと発揮していきましょう。(もちろんあなたのペースで)

大丈夫。それはあなたにも、あなたのお子さんにも少しずつでもできていきます。

敏感さは、才能です。

みんなで一緒に、才能育てしていきましょう♪

(発達の特性の場合は、また少し違うアプローチも必要になります。敏感さと発達の特性の両方をもつ子は大勢います)

次回は、2019年1月11日(金)20時になります。今年もありがとうございました。

「こだわり・感覚過敏は五感がすぐれているから」(ブログ毎月第1火曜)はこちら

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

エレイン・N・アーロン博士によるチェックリスト
HSC(子ども用)  HSP(大人用)  刺激追求型HSP

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・診断・検査・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相

PAGETOP