「どうしてこんなに傷つきやすい?!」HSP・HSC・エンパスは問題?ステキな個性?

 

こんにちは、岡田 奈美子です。

最近、敏感な個性の子どもや大人が増えてきています。

エレイン・N・アーロン博士は、HSP(Highly Sensitive Pereson)・HSC(Highly Sensitive Child)と名付けました。

エンパス・クリスタルチルドレン・インディゴチルドレンなどと呼ぶ人もいます。

私は、敏感な人のなかに「敏感ちゃん・敏感くんが住んでいる」と表現しています。

「発達障害」と診断されたが

敏感な子どもだった、ということはよくあります。

「発達障害」と敏感の両方をもつ人もいて、はっきりした分類がしにくい場合も。

 

 

「人の気持ちに敏感」「人の気持ちを吸収しやすい」ときくと、

繊細で、大変な性格のように聞こえるかもしれませんね。

でもその分、「人の気持ちがわかるほど、感受性が豊か」なのです!

また、奥深く、味のある性格ともいえます。

敏感さに振り回されると、「しんどい性格」になります。

その結果、不登校になったり、ひきこもらざるを得なくなります。

 

だからこそ敏感さのステキなところを伸ばし

その人にしかないオリジナルな個性を育てることが大切です。

敏感さをもって生まれてきたということは、

あなたやお子さんが、その個性でしあわせになれるということ。

本当は、敏感さは、あなたやお子さんをしあわせにしようとしてくれているのです。

これからも敏感さのステキなところを、どんどんお届けしたいと思います。

セラピーの最新スケジュールはこちらから。

ブログにて、毎週火曜に「敏感な個性」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP