発達障害?敏感な子どもの頑固さをどうする?

 

こんにちは、岡田奈美子です。

今週は、ブログなどでもお話ししている「子どもの頑固さ」シリーズです。

敏感な個性の子どもと大人

(HSC・HSP・エンパス・クリスタルチルドレン・インディゴチルドレン)や

アスペルガー症候群の特性の高い子、ADHDの特性の高い子など、

びっくりするほど、頑固です^^。

あと、男性性の高い、エネルギーにあふれたタイプも頑固です。

(こんな子は、今は問題児にみえても、将来、創造力を発揮した、すごい人になる可能性が♪)

(画像 Dustin J McClure)

保護者の方や、学校の先生から

「この子は、頑固だから・・・><」と困ったご相談という形で、話題になります。

実は、大人自身が「私が手を焼くから、子どもの頑固は困る!」という思い強いということ、なのですよね^^。

要は、「育てる大人が困る、育てにくい子」ということで、悪者にされる頑固さなのですが・・・。

 

長所=短所なんです。(表裏一体)

短所をなくそうとすると、長所も一緒に抑えられてしまう、ということ。

頑固さをなくした子どもは、自分のない、生きる力がない人になる可能性だってあります。

頑固さを抑えることを覚えた大人は

結局自分が何をして生きていきたいのか、わからない!となることだってあります。

もしかしたら、子どもの頑固さを「悪いもの」としか見られない大人は

自分の「生きる力」を抑圧してきたのかもしれません。

 

まずは、子どもの頑固さをなんとかしようと頑張る前に

大人自身が、「生き生きと自分の思いを表現すること」を禁じてきた自分に気づいてあげましょう。

子どもに接するのは、そのあとの方が効果的。

子どもには「頑固さは、自分らしさの表れ。それはステキなこと。

でも、頑固さを押すだけじゃなくて、引いてみることを覚えるのも、しっかり自分のある人のできること。

そのステキな個性を生かすためにも、引いてみる、我慢してみる、譲ってみる、などをやってみようよ。

でも、自分の気持ちを押し通すすばらしさ・自由さを教えてくれて、ありがとうね」

と話し合いをすると、いいですね。

 

子どもの頑固は、子どもだけのテーマではありません。

取りまく大人にも、大切なことを教えてくれています。

お互い、問題から、学び合うことがあるのです。

だからこそ、問題が起きてきます。

頑固な子どもは、本当は自分がしっかりある、頼もしい子。

そんな頼もしい子であるなら、その頑固さをコントロールできるようにならないと、もったいない!

引くところは引くことのできる、しっかりした個性に育てることで

自分と周りを、どんどんしあわせにすることができますよ。

セラピーのスケジュールはこちらから。

ブログにて、毎週火曜に「敏感な個性」についての記事を更新しています。こちらからどうぞ。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP