敏感な個性の子は思慮深いたましいのもち主?!(HSP・HSC・エンパス・クリスタルチルドレン)

 

こんにちは、岡田奈美子です。(このHPは、毎週金曜20時に配信です)

敏感な個性の子どもによくある特徴として

「状況をよく把握してから動く」

(「ひといちばい敏感な子」P、24より抜粋  エレイン・N・アーロン博士著 明橋大二氏訳 1万年堂出版)があります。

ある敏感な子のお子さんのお母さんには「子どもがとても気難しくて、なかなか動こうとしない」

「かと言っていつもではなく、すぐ動く時は、理解度が深くて、大人が驚くほどです」というお悩みがありました。

「何か他の子と違う・・・」と思い、発達障害の検査を一応受けたが、発達障がいの特性はないとのことでした。

敏感な個性の子には、状況を理解しづらいのではなく「状況をよく把握してから動く」ことが多くみられます。

例えるなら、何かを思慮深く研究している学者のようです。

でも学校の先生など大人は「子ども扱い」をします(当たり前ですが)。

時間になったら「はい、これしなさい。ではそれをやめなさい。次はこれです」等。

(私はスクールカウンセラーとして小・中学校に勤務していますが、学校にはきっちりとスケジュールがあり、全員で動かないと、すぐに注意されることが多いです)

 

 

敏感で思慮深い子は、こういう扱いが我慢できません。

大人は「なんて扱いづらい子なんだろう。どうしてこんなに頑固なの?親が甘やかしているのでないか?」と思うかもしれません。

でも親の育て方ではなく、本人の生まれつきの気質です。

人は、魂・心・体の3つでできているのですね。

心と体は、誕生して少しずつ大きくなりますが、魂はもともと生まれつきあるものです。

「慎重に、物事を深く感じとる魂の持ち主」なのです。

ただ魂のレベルが、実年齢と合わないので、その凸凹さを「発達障がいかしら?」と思われることがあります。

「大勢まとまって同じ行動をしましょう!」という軍隊のような環境にはあまり馴染まないかもしれません。

敏感ちゃん達は、合わない環境にいると、周りの雰囲気を読む能力が高いだけに、とても委縮したり、また逆に暴れたり、「その場に不適応」な態度をすることがあります。

でもだからと言って、その子が「落ちこぼれ」では決してありません。

ただ「その環境が合わないだけ」です。

 

 

他の大勢の子どもたちと違っていると

「子どもが敏感すぎる!」

「親の育て方がよくない!」と言われたり、思うことがあるかもしれません。

でも敏感な個性は、生かし方次第です。

「思慮深い魂」で生まれてきたのは、ちゃんと意味があるからです。

それを生かしていけば、「世の中の為になって、自分も周りも幸せになっていけるよ」と、天から授かったプレゼントなのです。

敏感さは、才能です。

みんなで一緒に、才能育てしていきましょう♪

大丈夫!

「生まれてきてよかった♪」と思える子に育っていきますよ。

心から応援しています。

11・12月のご予約可能なスケジュールはこちらから。

「敏感で繊細な子が学校に行けないのはなぜ?」(ブログ毎週火曜)はこちら

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP