場面緘黙(ばめんかんもく)と敏感な個性(HSP・HSC・エンパス・クリスタルチルドレン)

こんにちは、岡田奈美子です。(このHPは、毎月 第1金曜 20時に配信です)

今回は、「場面緘黙(ばめんかんもく)」と、HSP・HSC等の敏感な個性の人のことについてです。

場面緘黙(ばめんかんもく)というのは、

「家庭では普通に話すのに、学校などの社会的な場所で話すことができない状態 が1カ月以上続くこと。

 自分の意思で『話さない』わけではなく『話せない』のです。場面緘黙は、医学的には‟(神経)発達障害”に入りませんが、発達障害者支援法の支援対象です」というものです。

私は、「場面緘黙なんです」と言われたHSP・HSCなどの敏感な個性の人たちと多く出会ってきて感じることを書きたいと思います。(全ての人に適応するわけではないことをご了承下さいね)

 

HSP・HSCなどの敏感な個性の人たちには、「話せない」という現実の中にもっと深く、無意識にしろ意識的にしろ、はっきりとした「意志」と、自分の深い気持ちをわかってもらえない心の傷つきがあります。

周りがざっくり浅い雰囲気や、ガヤガヤ騒がしい雰囲気、または暗くて重い雰囲気、冷たくてドライな雰囲気、そういう場所にいると

「あ~、もうこんな場所にいる人達とは話したくないよ~」と、声が自然とでなくなることがあるのです。

もしくは、「こんなところにいるのはイヤだ!」と、しっかりとした意志をもって「話さない!」という人もいます。

 

気の合う家族や信頼できる友人の中では、「ここは、いいエネルギーでいっぱいの場所」とわかるので、自然に明るくいられます。

学校でも「この子、場面緘黙なのですが、情緒不安定で、すぐ不安になりやすい子なんです・・・」と言われて、その子に会ってみると、

とてもいい意味でプライドがしっかりと高いので、幼すぎる周りの子ども達や、子ども達をきちんとまとめられない先生にウンザリし、「心を開いて話す」ことができなくなった、つまり話せなくなった、というケースがあります。

 

 

「大人しすぎて・・・」と先生からは聞いていたのに、会ってみると「先生のことが信じられない!いじめられた友だちのこと、『あれはもう終わった話だから』って聞いてもくれない!いつもこんな調子で話が通じない!」とよくしゃべる、等。

要するに「あなた達とは話したくないんだよ~><。」「こんな冷たい雰囲気のところで、お話なんかできないよっ!」と、心が深く傷ついている、ということ。

それを大人達が「この子が不安すぎる、弱すぎる。お家でのしつけが甘すぎるのか?それとも厳しすぎるのか?」と心配そうにされていて、両者のギャップが大きい、だから問題解決に至っていない、ということがよくあります。

まずは、傷ついてしまった心をほわっと癒して「私、間違ってないよね」と自分の感覚に自信を取り戻すことは大事です。

 

私は「(その子が)クラスでどんな様子なのか、見せてもらっていいですか?」と実際に教室へ見学に行ったことがありますが、

「あ~、これはヒドイな・・・」と内心思ってしまうくらいの雰囲気のクラス、ということもあります。

 悪気はなくても「あんたなんか、なんでそこにおるの?!おらなかったらいいのにー!」と相手が傷つくようなセリフがぽんぽん飛び交うようなクラスだったり、

困っている子がいても、皆知らん顔しているようなドライすぎるクラスだったり、

友人間で嫌がらせがあっても、先生が「はい、お互いに謝って、ハイ仲直り♪これでおしまい!」という浅すぎるやり方ばかりだったり・・・。

「なるほどな~、私でも話したくなくなるわ」と感じるような雰囲気であることが多いです。

場面緘黙や不登校気味だったのに、クラスが変わったり、担任の先生が変わったりすると、とっても明るくのびのび学校で過ごすようになりました、という話もよくききます。

 

 

でも忘れてはならないことは、誰も悪者ではない、ということ。

誰も、敏感な個性の人を苦しめようとしてやっているのではない、ということ。

そうなんだけれども、その人が「感性がとっても敏感で、よくない雰囲気に誰よりも早く、深く気づいた」というだけのこと。

それだけその人が、温かみのある、深くて落ち着く人間関係のよさと、そうでない時の違いがわかる、ということなのです。

だからその人は、本来自分が望むいい人間関係をいっぱいもてる人だということ。

「敏感すぎる」、「弱すぎる」、「すぐ不安になる」のをどうこうしようとするのも大事ですが、

こういう面に本人と周りが気づくことが、本当の意味での解決へつながるし、敏感さならではの才能が発揮されていくと私は実感しています。

敏感さは、才能です。

みんなで一緒に、才能育てしていきましょう♪

現在のセラピーご予約可能なスケジュールはこちらから。

「敏感でもっと幸せな子になれる♪魂レベルの子育て・自分育てをしよう」(ブログ毎月第1火曜)はこちら

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

エレイン・N・アーロン博士によるチェックリスト
HSC(子ども用)  HSP(大人用)  刺激追求型HSP

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・診断・検査・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP