「教室にいると疲れる」不登校の理由は、魂グループの違い?!(HSP・HSC・エンパス・クリスタルチルドレン)

 

こんにちは、岡田奈美子です。(ごめんなさい。今回配信時間が遅くなりました)

「友だちはいるけれど、教室にいると疲れる」そんな敏感ちゃん・君が増えています。

不登校にならなくても、疲れると定期的に休む、そんなケースも多いです。

「過敏すぎるから」「人のエネルギーに振り回されやすいから」といわれますが、この能力は、本当は才能です。(大切なのは、うまく使えるようになることだと私は感じています)

(Photo by FromSandToGlass.)

今回は、他の子達が平気なのに、どうして敏感な個性の子ども達は「学校の教室」がしんどくなるのか、その理由の一つをお話ししたいと思います。

カンタンに言うと、「弱肉強食タイプ」と「平和タイプ」の違いです。

子ども達って、意外とストレートに残酷な面があります(大人は理性で抑えていますが)。

嫌いな子がいると「なんでおるん?」と露骨にイヤな顔をしたり、「みんな、あっちへ行こう!」とその子を仲間外れにしたりすることがあります。

その代わり、自分が好き!と思うことにはとても貪欲。「これ、好きやねん!私のもの!」と独り占めしたり、「オレのものや!」と人のものをとってしまったり。

子どもらしいと言えばそうですが、つまり自分のことばかり。「自分が欲しいと思ったら、人からとるのだってアリ。とられる側は弱いんだもの、負ける方が悪いんだ!」という考え方。

つまり「弱肉強食の世界」の思考です。

だからこそ、親や先生が「そんなことしたらダメだよ」「相手の気持ちも考えようね」と教えるわけですね。

(弱肉強食の世界でも、人への優しさ・いじめてしまった罪悪感・大切に想う気持ちなどはちゃんとあります)

 

 

小学高学年、中学生になると「弱肉強食」はもっと複雑でわかりにくく、水面下で行われるようになります。

子ども達は、大人に注意された今までの経験から、大人の目につかないように、微妙に使い分け、ひそかに行うようになります。(それが大きくなると陰湿でひどいいじめになることも)

思春期なので、親とケンカしたり、心が揺れやすくて不安定になることもあります。

すると自分より弱そうな(or人のよさそうな)子をターゲットにして、その子を不安にさせることで、自分の不安を消そうとする未熟な衝動へ走ってしまいます。

「力の強いものが勝ち!」

「先にやった方が勝ち!」

そんな「弱肉強食」の世界の子ども達がたくさんいると、敏感ちゃん達はしんどくなります。

もちろん敏感ちゃん達だって、ずっといい子でいるわけではないし、未熟なところだってあります。

でも生まれつき「弱肉強食」の思考をもっていないのです。

だから、多くの子ども達の言動を理解できません。

まるで「人の種類」が違うかのようです。

腹が立ったら、その人の悪口を言いふらすような生き方は、恐竜時代のような「お腹がすいたら、恐竜の仲間でも食べる」ような生き方。

そういう光景をみると、こわくて、またはバカバカしくて教室にいることができなくなるのです。

 

 

敏感な個性の人にも「苦手なこと」があります。

それは「自分を大切にすること」

「自分の思いをちゃんと伝えること」

捕食動物(自分の欲求のために相手を利用する)のような生き方をする人達を前にすると、

「じゃあ私が食べられちゃえばいいのかな?」と自分の身を差し出すか、

「こんなところ、もうイヤだ!」と逃げ出してしまいます。

 

 

もちろん逃げ出すことも必要です。

その次に

「自己犠牲」で、その場をおさめる生き方ではなく

「自分と周りの両方を大切にできる」生き方って、どうするんだろう?へ思考を向けていってほしいなと思います。

なぜなら敏感ちゃん達が生まれてきた理由は、”そこ”にあるから。

弱肉強食の思考をもつ人達に、「こう生きると、もっと楽しいよ♪」と伝える役目があるのです。

だからこそ、敏感で奥の深い気づきができる個性に生まれたのです。

敏感は、才能です。

みんなで一緒に「才能育て」していきましょう♪

セラピーご予約可能なスケジュールはこちらから。

「もっと幸せな人になれる♪潜在意識の子育て・自分育てアプローチ」(ブログ毎週火曜)はこちら

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP