エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)に悩むときは?(HSP・HSC・エンパス・クリスタルチルドレン)

 

こんにちは、岡田奈美子です。

“エナジーバンパイア(エネルギーバンパイア)”をご存知ですか?

その人に会うと、エネルギーを吸い取られて、こちらが疲れてしまう「エネルギーの吸血鬼のような人」のことだそうです。

こういう人といると、敏感な人には重いエネルギーが入ってくるから、どう対応するべきか、という話を聞きます。

敏感な人にとっては「学校や社会にいるエナジーバンパイア」(一緒にいると、しんどくなる人)、

子ども達を育てる大人にとっては「子どもの敏感さを理解しないで、傷つく発言をする周りの人達」が、そんな存在に見えるかもしれません。

ここからは、私の意見なので、違う意見の方は気にしないで下さいね。

(画像 Gruenewiese86)

エナジーバンパイアからは、「不安なの」「誰かとつながっていたい」という寂しさや悲しさが伝わってきます。

見た目がこわそうに見えても、本当は怖いものではないし、誰にでもある「人間の弱いこころ」なのです。

あなたや子どもを不幸にしようとしているのではありません。ただ不安で寂しいから、あなたの愛情がほしいだけ。

あなたに「ありがとう。あなたがくれてよかった」と言われたくて、愛情を押しつけていることもあります。

正直そんな気持ちになるのは、人間だから、誰にでもあります。

 

でも問題は、そんな気持ちがとても大きく、「あなたの為に!」「あなたは変わった方がいい!」「私は正しい」と正当化して強く言ってくる場合。

「こわい!」「どうやって防御するか?」等、「悪いものから逃げる・避ける」という姿勢では、ますます追いかけられる、という法則が働くので、私にはいい方法のようには思えません。(ストーカーみたいなものですよね)

こわくて学校に行けない、という場合は、一時的に避難する必要はあるでしょう。

でも、逃げているだけだと、またこれからそういう人に出会うこともあるかもしれません。自分を防御し続けることにエネルギーを使うのはどうか?とも思います。

 

 

「うちの敏感な子どものことを理解せず、全く違うアドバイスをしたり、❝あなたの育て方は間違ってる❞等と言う人」がいます。

でもその場合、相手はよかれと思ってしています。(従う必要はないですが、はねのけるやり方はちょっと違うかも)

その人達は、地球意識であなたやあなたの子どもの為を思ってしているのですが、宇宙意識の敏感ちゃん達には、アドバイスが全く合わないのです。

誰が悪いわけではなく、意識の違いから、「わかってもらえなくて、つらい思い」が起こっています。(もしかしたら相手もそう思っているかもしれませんね)

そんな場合は、まず自分の悲しい気持ちをほんわりと癒してあげましょう。

その後で、もし相手とつながっていたい場合は、誤解を心を込めてほどいていきましょう。すると少しずつ相手との関係がより優しいものに変わってくるはずです。

私も、学校の先生が「敏感な子は、もっと鍛えなきゃ!甘やかしていけない」と言う際に、こういうことをよく体験します。わかり合えるよう関わると、力強い仲間になってくれることがあります。

でも、もう関わりたくない場合もあるでしょう。

そんな時「あなたなんかキライ!こっちへ来ないで」と、ネガティブで重いエネルギーを送ると、また来るかもしれません(別の人という形とか)。

「何かしてあげたい、という気持ちだけはありがとう♪でもそのやり方は違うんです。ごめんね^^」と、軽くて優しい感謝のエネルギーを送ると、関係が切れやすくなります。

(画像 Ernst Vikne)

「あっ、この人はエナジーバンパイアだ!あっ、あの人も!」とわかるのは、敏感だからこそ。それはすごいことです。

エナジーバンパイアを引き寄せた時の自分は、ちょっとエネルギーが落ちている時が多いのです。

敏感さを「エナジーバンパイアを引き寄せてしまった自分」に優しく向けて、癒すこと、自分のエネルギーを高めることに使ってあげて下さい。

 

 

 

 

誰かから逃げるだけでもなく、自分を責めることもしなくていい。

ただ、ほんわりと自分の弱さを抱きしめてあげる機会自分をもっといいエネルギーで満たしてあげる機会ということなのです。

エナジーバンパイアが、(あえて悪い役目をして)それを教えてくれているように感じます。

私は、こういう経験をすると、最後には「あの時はとてもつらかった。でもあの人がいたから、とても大切なことに気づけたな」と思うことが多いです。

 

 

エナジーバンパイアになりやすい人は、相手のエネルギーに敏感で、重くて暗いエネルギーに寄ってきます。

こちらが、明るくて高いエネルギーを発するようになると、そういう人とは出会わなくなるはずです。(私も、以前職場でこういう変化を体験しました。)

気づかないうちに、自分が重くて暗いエネルギーを出していることだってないとも限りません。

エネルギーを感じやすい人は、実は周りに大きな影響を与える人なのです。

だからやっぱりエネルギーをいい状態にしておくことは、とても大切なのです。

子育てに悩む時も、対人関係に悩む時も、あなたがもっと力を抜いてしあわせになれるよう、相手はそれを教えてくれています。

すべては自分から。子どもをしあわせにしたい時も♪

9・10月のご予約可能なスケジュールはこちらから。

今週のブログは、「お母さんのごはんに文句?母の愛と敏感ちゃん達」です。こちらから。

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

【セラピー料金・アクセス】

【セラピーの最新スケジュール】

【ご利用者さまの声】

【潜在意識で幸せな子どもと大人になるワークショップ】

(11月11日土 敏感さを生かして、いいエネルギーを保つアプローチを学びます。ご予約受付中です。「お問い合わせ」↓からお願いします。12日キャンセル待ちです)

【お問い合わせ・お申し込み】

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP