敏感な個性の人が傷つきやすいのは愛のスケールが大きいから♪

 

こんにちは、岡田奈美子です。

敏感な個性の子どものことで、よくあるお悩みが親は「わかりづらくて育てづらい」、子どもは「わかってくれない!」です。

親や周りは「どうしてそんなことで傷つくの?」と心配になるけれど、子どもは、「(親なのに)どうしてわかってくれないの?」と悲しく思います。

ですが親の愛が足りていないのでもなく、子どもが敏感で弱すぎるからでもありません。

むしろ親はいっぱい愛を注いで育てておられるし、子どもは自尊心が高く、自分の気持ちがしっかりとある強い子です。

人のささいな言葉に傷つく、人のエネルギーに影響されやすい、その理由は愛のスケールが大きいからなのです。

(Photo by STHARNIV)

私達人間のなかには「心の部分」があります。

例えば、体の大きさが1L(1000cc)で、心の部分が5ccなら、心の中が汚れても、傷ついても、全体としてはあまり影響がないですよね^^。

何があってもあまり傷つかず、すぐ前を向いて進んでいける。

(その代わり、奥深く細やかにわかり合うのは苦手かもしれません)

それはそれでステキな個性なのです。

 

 

でもそうではない敏感な個性には、その個性にしかないすばらしい面があります。(プラス面とマイナス面は、表裏一体)

全体が1L(1000cc)で「心の部分」が200ccもある場合、もし汚れると全体に大きく影響しますよね。

ささいなことで心が傷つくのは、「弱い」はなく、心の部分、ハートがとっても大きいからなのです。

それは、とても高いレベルの魂がからだに宿っているから。

ハートのやわらかさ、優しさ、奥深さを生かして、自分と周りをしあわせにしたいから、生まれてきたのです。

(脳の機能上の影響で、感覚の過敏さがある場合は、それに合ったサポートが必要です)

 

 

敏感な個性が「傷つきやすい」「影響を受けやすい」のは、「境界線がうすいから」だとよくいわれます。

確かにそうです。

でも自信をもっていえるのは

境界線がうすくて、柔らかいからこそ

「レベルの高いもの」には、ひといちばい、いい影響を受けるということ。

そして敏感な個性を使いこなしていけば

境界線がうすくて、柔らかいからこそ

「世の中に、高くていい影響を与えられる」のです。

セラピーを受けられた方のお話です。

「うちの子は、どうしてこんなに傷つくの?誰に似たんだろう?どうすればいいの?と悩むことばかりでした。

子育て=私は失敗していて、気が重い、という感じ。

ものすごく優しい子なのですが、その優しさが邪魔をするなら、もういらない、子どもらしい鈍感な子になってくれたら、とまで思ったり。

わたしがやっぱり母性足りないのかなあ?とか、○○(子どもの名)の性格をどう直せるのか、とか。

境界線が薄いこともわかっていたつもりでしたが、私が心配や不安で、どうしてこんなことに?と思うことが、子どもの火に油を注いでいたと!

とても大事なことに気づけて、よかったです。

子どもは根底から、生き方をもっと楽しく変えることを教えてくれていたんですね。

やっぱりとても愛の深い子だと改めて思い、子育ての意味もわかりました。

子どもの愛にいっぱい気づいて、胸にぐっときて、心がとても軽くなりました。

今するべきこともわかりましたし、これからの進路や将来のことについても、先が明るくみえるようになりました。知るって大事ですね。

○○(子どもの名)の気持ちと、私の気持ちをつなげて下さってありがとうございます!」

 

 

闇にそまりやすいほどの白さは、他にはないほどの「キレイな白さ」があります。

赤や青の方が、汚れは目立ちにくいでしょう。

でも生まれつきの個性の白い色を変えることは、「その子らしい幸せ」から離れていってしまいます。

「キレイな白さ」をより輝かして生きていくことに、その子が生まれてきた意味があります。

そうすることで、その子に合った人間関係・生き方がより自然に引き寄せられてくるのです。

敏感さは、「才能」です。

みんなで一緒に、才能育てしていきましょう♪

セラピーのご予約可能なスケジュール

潜在意識と体を使って、敏感さを使いこなす♪ワークショップ

「敏感でもっと幸せな人になれる♪魂レベルの子育て・自分育てをしよう」(ブログ毎週火曜)

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP