敏感な個性だと体も緊張する?!体をほぐすと心がラクに

 

こんにちは、岡田奈美子です。

HSP・HSCをはじめ、多くの敏感な個性の人達は、感じ取るセンサーがとても鋭いので、周りが思いもつかないほど深くこまやかに物事を感じています。

安心できるところなら、そのセンサーはすばらしい効果を発揮します。高い引きよせ力をいかし、敏感だからこそ、(本当は)もっと自分らしいしあわせな人生を創ることができるのです。

でも魂レベルが高くて、宇宙意識で生きている敏感な人達にとって、「地球での生活」はちょっと理解しがたくて、ときには「ここで生きるのはつらいな」と感じてしまうことがあります。

(たとえ親がどんなに大切に愛しても、宇宙意識ではそう感じてしまうので、親のせいではないのです)

「つらい」「こわい」「居心地がよくない」と思うと、こころは緊張します。

するとからだも同じように緊張します。

こころとからだは、密接につながっているから。

だから「からだへのアプローチ」も効果的なのです。

 

また魂レベルが高い敏感な個性の人達は「みんなを癒したい!」「周りを助けたい!」と潜在意識(無意識)で自然に感じています。

特に子どもは、自分だって子どもなのに、クラス中の子や先生まで、その子が「癒してあげている」状態になることがあります。

小学生の低学年なのに「学校に行くの、疲れた・・・」と

まるで中年男性が責任を負いすぎて疲れてしまうように、まるでお母さんが家族の幸せに奔走して疲れてしまうように

子どもが燃えつき症候群のようになるのも、そういう理由が多いのです。

そんな場合、肩に負担がかかっていることがあります。つまり肩こりです。

ニコニコと優しくて愛らしい子なのに、肩こりがひどい、そんな敏感ちゃん・君がいます。

・物事を深く重く考えてしまう
・他の人のために多くのことをしすぎてしまう
・(無意識に)頑張りすぎてしまう

こういう傾向があると「肩」に負担がくることがあります。

 

色々なことが自然にできる、能力が高い人に多いのですが、からだがしんどいと、こころも元気になりづらいのです。

合う整体マッサージをみつけて、定期的に通うのも一つの方法です。

色々なところがありますが、中でも接骨院は、保健がきくのでお手頃です。

接骨院もたくさんありますが、選ぶ基準は、

「いつも混んでいて、施設が汚くて、イヤだけどからだの為には行った方がいいから」「先生が感じわるくて苦手だけど、ガマンしよう」と感じる場合は、その選択はちょっと違うようです。

行ってみて「いい雰囲気」と感じるところがお勧めです。

「いいところが見つかるといいな~」と楽しい気分で探すと、いい出会いにつながる可能性が高くなりますよ。

 

小さいお子さんの場合、親がしてあげるといいですよね。(お互いにマッサージし合いっこするのも楽しくていいですね)

その際「元気になって!お願い!!」と必死にするのではなく

「体さん、いつもありがとう。これからもよろしくね」と

体(魂の入れ物)にも、愛おしい思いをこめると、よりいいですよ。

なぜなら、体にもちゃんと思い・気持ちがあり、大切にすると「よ~し、任せて!」と、こころまで元気にしてくれるからです。

子どもの場合、子どもにだけ勧めるのは、ちょっと違うかもしれません。

敏感なお子さんのことで悩んでおられる親ごさんは、とても愛情深い方が多いので、これを聞くと、子どもにだけ「肩こり、なおして来たら?気持ちいいよ」と勧めたくなるかもしれませんが。

でも子どものことで色々と悩みがちな親自身が、ものすごく肩がこっておられることが多いです。

 

 

敏感な個性の子は、「お母さんのことはいいから、あなただけ」と、親が自己犠牲の愛をするのをキライます。

わが子に「自己犠牲」の生き方をやめてしあわせになってほしいと願うのなら

ぜひ親自身も「自分のからだ」をゆるめて、楽にしてあげませんか?

「私(僕)だけを幸せにしようとしないで。

私(僕)のことを本当に想うのなら、自分のことも同じように想って。

一緒に成長するため、しあわせになるために、私(僕)は生まれてきたんだよ♪」

これは「あなたの子ども」と、そしてあなた自身の中に住んでいる「敏感ちゃん・君」からのお願いです。

ご予約可能なスケジュールはこちらから。

今週火曜、ブログの「なぜこんなに傷つくの?」はこちらから

子どもメンタル研究所 岡田奈美子(スクールカウンセラー)

敏感・HSP・HSC・ひといちばい敏感な子・不登校・エンパス・インディゴチルドレン・クリスタルチルドレン・過敏・情緒障害・発達障害・ADHD/ADD(注意欠陥・多動症)・ASD・自閉症・自閉スペクトラム症・アスペルガー症候群・小学生・中学生・カウンセリング・アダルトチルドレン・相談

PAGETOP